【NEW】 「おたっしゃ本舗地域ケア会議~アドバイザー派遣事業~」
6月19日(水)に川副支所にて、今年度第1回目の「おたっしゃ本舗地域ケア会議」を行いました。




この会議は、川副地区の居宅介護支援専門員が担当するケースの支援に係る諸問題を理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士・栄養士・薬剤師の方々の専門的見地からの助言を得て、ケアプランの作成等に役立てる事を目的としています。にこっ




~1事例目~ メイプルハウス 居宅介護支援センター龍野CMによる発表




~2事例目~居宅介護支援センター けやき荘主任 田中CMによる発表




~3事例目~ おたっしゃ本舗川副 宮島CMによる発表

発表を終えたケアマネージャーの方は、「アトバイザーの先生方に具体的な意見を頂き、普段は気付かないこともあり、大変参考になった。今後のケアプランに活かしていきたい。」と話された。

今年度は、川副地区の居宅介護支援専門員に1回3事例ずつ発表してもらい、5回開催の予定です。にぱっ

| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 14:37 | comments (0) | trackback (0) |
【NEW】南館防災訓練(R1/6/14:居宅介護支援センター)
6月14日(金)、南館にて防災訓練を実施しました。半年に一回、南部消防署立ち会いのもと実施をしています。日中の火災を想定し、4事業所(デイ、だんらん、お多福、こでまり)の利用者の方と支援センター1名、デイサービス7名、だんらん3名、お多福5名、こでまり3名、早津江病院からの応援者5名、けやき荘本館からの応援者5名其々の職員が訓練を行いました。




訓練の様子です。火点を発見した職員から報告を受け、初期消火を行うことを確認します。また、支援センターは司令塔として、火点の場所と避難の案内を館内に一斉放送します。






避難誘導をしている様子です。ここでは、職員同士の声かけも重要視されます。混乱が起きないためにも、一人ひとりが声を出し合って誘導先への案内や転倒等の事故が起きないように注意をします。




避難先では、誘導をした利用者の方の見守りを行います。また、応援に駆け付けた早津江病院の職員、けやき荘本館の職員に、ここでの役割分担や何を行えばよいかの指示も重要です。館内の見取り図を使用して誘導にあたる役、避難先で見守りを行うよう指示が出されていました。
避難誘導の終了後には、各部署の人数確認がなされ、消防隊へ、利用者の方・職員が無事避難できたことを報告します。




訓練終了後、水消火器にて、消火器の使用方法を確認しました。いざという時に使用ができるように、日ごろから消火器の設置場所と使い方を理解しておくことが大事だと改めて学びました。

| 居宅介護支援センター | 10:20 | comments (0) | trackback (0) |
「南5区コミュニティカフェ」 (R1/6/17 おたっしゃ本舗川副)
6月17日(月)に、南川副まちづくり協議会 健康・福祉部会主催の「コミュニティカフェ」が南5区公民館で開催され、23名の方が参加されました。にこっ




“川副蕎麦の会”の杠氏よりお話がありました。川副蕎麦の会は、佐賀空港周辺で栽培された蕎麦粉を使った蕎麦作りをしようと昨年より発足されました。又、おたっしゃ本舗川副の小野ケアマネジャーより、“蕎麦の栄養と効能”についてお話しさせていただきました。蕎麦には、血圧を下げる血液をサラサラにする便秘を緩和する等の効果が期待されます。音符


~そば作りの実演の様子~


そば粉を混ぜ、こねているところです。
その日の天候で入れる水の量が変わります。




生地を伸ばしているところです。
厚みが均一になるように丁寧に伸ばしていきます。




伸ばした生地をたたみ、包丁で1mmの厚さに切っていきます。
参加者の方は、「実際にそば打ちを見て、蕎麦打ちは奥が深いと思った。」と話されていました。




茹でたての蕎麦の上に蕎麦の芽をのせ、見た目も鮮やかに仕上がりました。
皆さんで持ち寄ったスイカやお漬物も食卓に並び、皆さんと一緒に蕎麦を頂きました。
参加者の方からは、「コシがあり、のどごしもよく、美味しいね。」との声が聞かれました。にかっ

コミュニティカフェは、今年度は南川副校区の3か所で開催予定です。残りの2か所については今後募集されるとのことです。



| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 14:57 | comments (0) | trackback (0) |
西川副町づくり健康・福祉部会主催 広江地区健康教室 (R1/6/10 : 居宅介護支援センター)
6月10日(月)、西川副町作り健康・福祉部会主催により、「広江地区健康教室」が開催されました。
けやき荘からは福島ケアマネージャー、おたっしゃ本舗川副からは小野ケアマネージャー、山田事務員が参加をしました。




今回のプログラムでは先ず、居宅介護支援センターけやき荘の福島ケアマネージャーより介護保険に関する説明が行われました。




認定を受ける際の手続きの流れや、在宅で受けることができるサービスと、施設入所における要件や料金の目安等の説明が行われました。会場からは「将来の備えとして、相談ができる窓口があることや入所にかかる費用等を知ることができてよかった」との声が聞かれました。






おたっしゃ本舗川副の小野ケアマネージャーと山田事務員からは、脳トレとして「文字の並び替えクイズ」が行われました。このクイズは記憶力や集中力、言語能力が向上する効果が期待できるそうです。






ももえんの園田さんからは、認知症予防体操を行っていただきました。声を出しながら体を動かす体操は、会場から「難しい~!」との声が聞かれながらも、楽しそうに取り組まれている様子が伺えました。




皆で懐かしの歌を唄ったりと、参加した職員も一緒に楽しませていただきました。

| 居宅介護支援センター | 08:57 | comments (0) | trackback (0) |
そば打ち体験」 (R1/6/1 おたっしゃ本舗川副)
6月1日(土)に南川副公民館主催の「そば打ち体験」に参加しました。
4月20日(土)にスタートし、内容毎に4回分けて開催されました。
最終回となるこの日は、男性2名・女性2名の方が参加され、“川副蕎麦の会”の指導の下、そば打ちの一連の流れを実践し、試食会を行いました。にぱっ




~水加減を調整しながらそば粉をねっていきます。~




参加者の方からは、「自分で打ったそばは美味しかった。」「これからも続けていきたい。」とのの声が聞かれました。にかっ

| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 15:31 | comments (0) | trackback (0) |
「民生委員・児童委員活動の啓発活動 (R1/5/17 おたっしゃ本舗川副)
5月12日は、「民生委員・児童委員の日」であり、5月12日からの1週間は「活動強化週間」となっています。地域の方々に民生委員・児童委員を身近に感じていただき、その活動に対する理解を深めようと、5月17日(金)に川副町地区の民生委員や児童委員と共に、佐賀市社会福祉協議会川副支所とおたっしゃ本舗川副の職員で啓発運動を行いました。

川副町の2ヶ所のスーパーにて、買い物に来ていた方に民生委員・児童委員の活動の紹介、社会福祉協議会の活動の紹介、おたっしゃ本舗のチラシを200部配りました。

<スーパーモリナガ空港通り店にて>





<川副ショッピングセンターラポールにて>



| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 08:53 | comments (0) | trackback (0) |
訪問時の様子紹介(R1/5/15:ホームヘルプサービス)
今回は、ホームヘルプサービスの訪問時の様子を一部ご紹介したいと思います。


訪問先にて、体調不良がないか健康チェックを行います。日々の訪問で利用者の方の状態を把握し、ご家族や担当のケアマネージャーへ報告を行っています。





こちらは買い物の代行の様子になります。利用者の方からお金を預かり、日用品や食事の材料等、頼まれたものを購入しています。外出支援として、利用者の方と一緒に買い物へ同行をする場合もあります。





こちらは一緒に洗い物、掃除を行っている様子です。全部ヘルパーが行うのではなく、利用者の方ができる部分に関しては一緒に行います。自立支援を助長するのも訪問介護の役割です。



食事作りでは、利用者の方の好みを聞いたり、一緒に調理をすることもあります。ホームヘルパーからは、食事は毎日のことでもあるので、栄養面を考えたり、食べやすいもの等利用者の方の体調に合わせて提供できるように工夫しているとの話を聞きました。
ご紹介したのは一部ですが、他にも利用者の方の生活状況に合わせたサービスがありますので、生活でのお困り事がある際には、是非ご相談下さい。

| 居宅介護支援センター | 16:22 | comments (0) | trackback (0) |
「なかよしサロン・バスハイク」 (H31/4/26 おたっしゃ本舗川副)
4月26日(金)に南23区北の“なかよしサロン・バスハイク”に参加しました。バス
行き先は白石町の歌垣公園で、12名の方が参加されました。




歌垣公園は、日本三大歌垣の1つに数えられ、奈良時代の肥前風土記にも登場する歴史ある歌垣一帯を整備した公園です。




約7万本のツツジが見頃を迎え、なだらかな斜面に赤や白、ピンクなどの花がびっしりと咲き誇っていました。




高台まで歩き、記念撮影を行いました。




花びらが散った後の桜の絨毯の上をツツジの景色を楽しみながら歩きました。花




公園内を一周し、お弁当をいただきました。
少し肌寒くもありましたが、話にも花が咲き、食事を楽しまれていました。にこっ

| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 14:07 | comments (0) | trackback (0) |
「南川副公民館・成人学級」 (H31/4/25 おたっしゃ本舗川副)
4月25日(木)に“南川副公民館・成人学級”に参加しました。
33名の方が参加されました。




~おたっしゃ本舗 山田看護師による健康に関する講話~




~おたっしゃ本舗 小野CMによる認知症に関する講話~




講話は対話形式で皆さんの声を聞きながら行いました。
皆さん、積極的に参加されていました。にぱっ


| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 13:59 | comments (0) | trackback (0) |
「元気で長生き健康UP教室」の開催(H31/4/23 :居宅介護支援センター)
4月23日(火)、中川副まちづくり協議会健康・福祉部会主催の「元気で長生き健康UP教室が開催されました。昨年度は「フォークダンス教室」だったものが少し内容を替えて、名前も替わり、昨年度と同じ指導者(八田先生)により、4月から毎月第4水曜日の9:30から行われています。
けやき荘からは、松永荘長初め、おたっしゃ本舗川副、支援センターからも共に参加しました。






健康アップをテーマに、歌に合わせて手を動かすことや、体操を行いました。頭で考えて体を動かすことで、脳トレにもなります。皆さん楽しそうに取り組まれていました。





オクラホマミキサーなどのフォークダンスや、全員での懐かしの歌の合唱等も行いました。盛り沢山の一時間半で、「楽しく参加ができた」との声が聞かれました。
健康アップの機会として、地域の皆様のご参加をお待ちしております。









| 居宅介護支援センター | 13:31 | comments (0) | trackback (0) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   09 - 2019   >>
COMMENTS
PROFILE
OTHERS

〒840-2201 佐賀市川副町大字福富828-1
TEL:0952-45-5193 FAX:0952-45-2942
E-mail:info@keyakisou.or.jp
Copyright©2007 keyakisou All Rights Reserved.