防災訓練(H30/11/28 ホーム)
南部消防署の立ち合いの下、半年に1度の防災訓練を行いました。夜間に火災となった場合を想定し、職員それぞれが当直者(1名)、夜勤者(4名)、けやき荘南館からの応援者(1名)、早津江病院からの応援者(5名)の役割に分かれ、マニュアルに基づき訓練を行いました。


訓練火災発生!出火点を発見後、消火器での初期消火を行います。


宿直者は火事を確認後、館内放送や地域交流スペースへ出て状況を把握し、夜勤者や早津江病院からの応援の指示を出します。


避難誘導の様子です。避難は迅速に行わなければなりませんが、あくまで訓練なので安全第一で行っています。


訓練後は反省会を行いました。今回の話し合いで出た反省点を活かし、次の訓練、そして、いざという時に迅速・的確に避難誘導が出来るように備えていきたいと思います。


最後に水消火器を使用して消火訓練を行いました。多くの職員が参加し、とても良い経験を積みました。

| 特別養護老人ホーム | 16:47 | comments (0) | trackback (0) |
季節御膳(H30/11/28 食事サービス)
11月28(水)に季節御膳をお出ししました。
今月は「もみじ御膳」です。
〈メニュー〉
*鮭親子ちらし寿司
*澄まし汁
*ふろふき大根
*茶碗蒸し
*柿の白和え
*蕪のもみ漬け
*りんごの赤ワイン煮 生クリーム添え




 今月は「鮭親子ちらし寿司」「柿の白和え」等をお出ししました。
「鮭親子ちらし寿司」は、手作りの鮭そぼろとイクラがたっぷり乗り、豪華なちらし寿司が出来ました。
エルダーさんから「美味しい」「豪華ね~」と言ってもらえ、好評でした♪

| けやき荘食事サービス | 14:40 | comments (0) | trackback (0) |
モニタリング風景 (H30/11/27:居宅介護支援センター)
居宅介護支援センターでの業務の一つとして、毎月、利用者の方のご自宅への訪問があります。
今回はその様子をご紹介したいと思います。その方に合ったサービスの利用ができているか、生活や身体状況に変わりはないか等を情報収集し、ケアプランの見直しに繋げることを目的としています。


訪問時には、来月のサービスの予定を合せてお知らせしています。ご本人、ご家族に確認しサービスの変更がある際には調整を行います。


ご本人、ご家族と顔を合わせることで、その場、その時でしか聞けない話もあります。実際の生活の場を確認したり、いろいろな話を聞かせていただくことで、良い支援に繋げていけるように日々努めています。また、利用者の方、家族の方との信頼関係の構築のためにも訪問は大事な業務の一つです。頼れる窓口として今後も一生懸命頑張らせていただきます。


| 居宅介護支援センター | 13:00 | comments (0) | trackback (0) |
全体会 (H30/11/16 けやき荘職員)
 11月16日(金) の全体会は、感染症予防・事故防止・身体拘束というテーマで講義を受け、
その後に所属での取り組みのまとめのミーテイングを行いました。



荘長より挨拶があり、取り組みについての確認がされました。



永田看護主任より、『感染症についての説明』があり、特にインフルエンザ時の対応について丁寧な指導がなされました。



宮島介護長より、『行動の制限の背景とリスクマネジメントについて』の講義で、不適切に拡大解釈された身体拘束についての話でした。過剰すぎる利用者への安全性を良しとするリスクマネジメントの考え方、緊急やむを得ない場合の行動制限について等・・・短い時間の中で中身の濃い講義でした。


| 社会福祉法人こもれび会 | 23:00 | comments (0) | trackback (0) |
華百千々会サロン (H30/11/13 おたっしゃ本舗川副)
11月13日(火)に「華百々千会サロン」に参加しました。
場所は犬井道の南2区公民館で、18名の方が参加されました。




今回は、「食事と運動で介護予防!」をテーマとした調理実習が行なわれました。にぱっ




けやき荘 食事サービスの植田主任と野田副主任の指導のもと、手順に従って調理していきます。




こちらは、“エリンギ枝豆ご飯”を作っているところです。
ご飯を炊く時に枝豆の殻も一緒に入れて炊くと、香りが豊かになるそうです。




こちらは、“おじゃが焼き”です。
あんこを蒸したじゃが芋で包んだら卵黄を塗り、ホットプレートで焼いていきます。
皆さん慣れた手つきで次々と丸められていました。




栄養たっぷりのメニューが完成しました♪
≪お品書き≫
エリンギ枝豆ご飯
鯖缶のトマトソース煮込み
ほうれん草のキッシユ
春菊と大根のサラダ
具だくさん胡麻炒り豚汁
おじゃが焼き





皆さんと一緒に食事をいただきました。
サロンの方からは、「短時間でたくさんの料理が出来てよかった。」「バランスがよく、見た目も味もよい料理が出来た。」との声がきかれました。にこっ

| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 10:16 | comments (0) | trackback (0) |
お多福・こでまり『外食』(H30/11/7~11/11:お多福・こでまり)
今回の外食で、お多福は、佐賀市にある「濱かつ」、こでまりは、メディカルセンタービル1階「レストラン・ラ・サンテ249」です。
いつもと違った雰囲気で食事を楽しみました。

≪お多福≫













熱々のとんかつやエビフライが来ると、皆さん「美味しそう。うわーおご馳走やんねー」と口々に言われていました。


≪こでまり≫




                        










初めて「ラ・サンテ249」に来たという方が殆どで、「広かね~。綺麗か。」と驚かれていました。デザートのシュークリームが特に喜ばれていました。
次回、2ヶ月後の外食も楽しみにお待ちいただきたいと思います。


| 小規模多機能ホームお多福 | 12:00 | comments (0) | trackback (0) |
第4回 介護カフェ よらん葉゛(H30/11/10 : 居宅介護支援センター)
11月11日(土)、第4回目となる介護カフェを開催致しました。
今回の開催で折り返しを迎え、残すところはあと2回となりました。


毎回、開催毎に良い天気に恵まれ、今回も沢山のご来場をいただきました。








~午前の部~
今回の講演は、佐賀県栄養士会・管理栄養士の中村京先生による「時短レシピ」についてお話をいただきました。
耐熱容器を活用してレンジでの調理を行う「レンチン料理」が時短のポイントであり、洗い物の手間を省いたり、調理の工程を簡単にすることができることについて教えていただきました。今回の講演は、実際に会場での調理が行われ、その場で出来上がる料理に歓声が上がったり、感心の声が多く聞かれていました。減塩の工夫や、摂取をしておきたい栄養素についてのお話も合わせて聞くことができました。
時短レシピの方法やコツを知っておくことで、要介護状態になっても、負担なく自分で調理できる為の工夫を学ぶことができました。また、自分でも行えることを続けることが、自立支援の視点でも大切なことであることを参加された皆様も改めて実感をされたことと思います。



調理の工程を、メモを取る傍ら熱心に見入られていました。



料理が出来上がり、皆様に試食をしていただきました。今回は、約1時間半で6品の料理が完成し、味の方も好評でした。
食生活において、栄養面、健康面を考えた調理法や、毎日行う食事作りにおいては時間や手間がかかったり、面倒なこともあると思いますが、今回教えていただいた時短レシピは、簡単にできて、且つ美味しいということもあり、今後の食事作りのヒントになったのではないかと思います。
「今度家で試してみたい」「役立てることができそうだ」との感想も聞かれ、大変ためになるお話を今回も聞くことができました。



~昼食~(けやき荘の手作り料理)
今回のメニューは、
・米飯  ・かき卵汁  ・和風ハンバーグ  ・ほうれん草のナッツ味噌和え
・胡瓜の梅和え  ・フルーツコンポート(生クリーム添え)   でした。
毎回大変ご好評をいただいており、「美味しくいただきました」との声に職員一同嬉しく思います。



~午後の部~
お馴染みとなった座談会も、各テーブルで様々な話題が飛び交いました。介護に関する話だけでなく、生活のことや趣味の話等、会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれました。
もちろん、介護に関することでの話も全然OKです。お話を聞かせてもらい、参加者の方の気持ちが少しでも楽になったり、充実感を持っていただければ幸いです。

第4回目の介護カフェも皆様のおかげで盛会の内に終えることができました。次回の開催日は
【12月8日(土)】です。問い合わせも随時お受けしておりますので、お気軽にご連絡下さい。



| 居宅介護支援センター | 11:00 | comments (0) | trackback (0) |
慰問 三味線金曜会 (H30/11/6:南館合同)
『三味線金曜会』の方々が、けやき荘に来荘されました。
デイホールにて、『三味線金曜会』の方々に相撲甚句と三味線の
披露をして頂きました。馴染みの曲を演奏されると利用者の方々は口ずさまれたり、手拍子をされている姿も見られました。






『三味線金曜会』の方々です。




始めに、多久の相撲甚句を披露して頂きました。




三味線の演奏では、民謡や童謡も披露して頂きました。




最後は利用者・エルダーさん、職員も一緒に、『炭坑節』の演奏と唄に合わせて踊りました。




最後は利用者代表の方より「花束」が贈られました。


| デイサービス | 12:36 | comments (0) | trackback (0) |
中川副まちづくり協議会 健康ウォーキング(H30/11/7)
11月7日(水)に中川副まちづくり協議会 健康・福祉部会 健康ウォーキングが開催され、けやき荘からも連絡待機者を含む4名参加しました。総参加人数は36名です。


中川副まちづくり協議会 西村健康・福祉部会長(右)、宮原副部会長(左)


健康・福祉部の西村部会長の挨拶です。


中川副小学校から米納津分教場跡地~多聞院~和仁神社へと歩きました。
ボランティアガイドの江頭氏に、要所では説明をしていただきながらの秋晴れの絶好のウォーキング日和でした。


多聞院にある樹齢600年天然記念物の松の木です。
すごいパワーを感じました。


けやき荘で お茶の休憩です。皆さん話がとまらない様子でした。
13000歩あまりのウォーキングで すがすがしい秋の一日を満喫しました。 

| 社会福祉法人こもれび会 | 14:53 | comments (0) | trackback (0) |
「花とみどりの公園・金立公園散策・健康ウォーキング」 (H30/11/3 おたっしゃ本舗川副)
11月3日(土)に西川副まちづくり協議会 健康・福祉部会主催の『健康ウォーキング』が開催され、秋の清々しい青空のもと、役員を含む西川副校区の25名の方が参加されました。




~健康福祉部会・白濱会長より開会の挨拶~
約33万本のコスモスに見送られて金立公園を出発しました。
これから約5kmの道のりを歩きます。にぱっ




~徐福長寿館の徐福像~
紀元前200年頃、不中国から佐賀にやってきた徐福が、金立山で仙人から不老不死の薬を教えてもらい発見したという言い伝えがあります。




~薬用植物園のハス池~
約3ヘクタールの園内に約500種、約5万本の薬草木が植栽されています。




~「夢郷庵」~
こちらの茅葺の家は、松尾建設名誉会長 故松尾文雄氏が別荘として建設されたものを佐賀市に寄贈されたものです。通りかかると、軒先に干し柿が数を連ねて干してあり、懐かしい風景に皆さん和まれていました。




金立サービスエリアで休憩した後、金立公園に戻ってきました。花
ゴールの記念に皆さんと記念撮影を行いました。




皆さんでお弁当をいただきました。
参加者の方からは、「外で食べる弁当はおいしいね」との声がきかれました。にこっ
食事の後は、皆さんで手遊びを行い、上手く出来たり出来なかったり、笑い声に包まれていました。

| 居宅介護支援センター::おたっしゃ本舗川副 | 15:35 | comments (0) | trackback (0) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
COMMENTS
PROFILE
OTHERS

〒840-2201 佐賀市川副町大字福富828-1
TEL:0952-45-5193 FAX:0952-45-2942
E-mail:info@keyakisou.or.jp
Copyright©2007 keyakisou All Rights Reserved.